2009年03月22日

もう飲めないワン





posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

しあわせだニャ



posted by ハピネス at 01:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

失敗とデータ

エジソンは、周りの人から見れば、一万回の失敗を、一万回のデータといって、結局、成功させました。

しかし、一万回も挑戦するってすごいですね。

またそれを失敗ではなくデータなのだと考えるところがすごいです。

もし失敗と考えると、ショックの連続で、一万回も耐えられないでしょう。

失敗と考えないこと、データと考えるようにする事を忘れないようにしたいと思います。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

勝ち組負け組み

少し前からよく耳にするになった言葉ですが、まず、日本で、勝ち組だ、負け組みだと、日本人同士で、見栄の張り合いするのではなく、世界レベルで考えてみたいと思います。

世界レベルだと住む家があり、わずかな小銭でも持っている人は、一割もいないというのが事実です。

住む家があり、わずかな小銭でも持っている人は世界トップクラスなのです。

ところが、日本人は、悲観的な人が多いというデータもあります。

まず、住む家があり、わずかな小銭でも持っている人は、世界トップクラスなのだということ、すごく恵まれているということをしっかり把握することが大切だと思います。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

応援

日本では、たとえば、マラソンを走っている人を応援するとき、頑張れと応援します。

そういった応援で、苦しいところを乗り越えたこともあるので、力の源になります。

ところが、外国では、頑張ったと誉める事をする国があります。よくやった。ここまで良く頑張った。と誉めるのです。

これもまた、自信がつき、力の源になります。

マラソンで1位になる人などは、当然苦しい事を乗り越えての結果なので、しんどいのは当たり前ですが、練習通りにできた、コンデションも良かったと思います。優勝インタビューでも、元気に話しています。

しかし、コンデションが悪かったり、どこかをいためてしまったりして、順位が悪かったり、リタイヤした人は、そのまま病院直行したりして、話すことができないほどの状態の人もいます。

結果だけを見ると、優勝の人は頑張ったことは当たり前ですが、結果が悪かった人のほうが、話もできないほど、頑張った人もいます。

頑張れという応援もいいかもしれませんが、結果にとらわれず、よく頑張った、と誉めることのほうが大切なときもあると思います。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

カミングアウト

若い頃でしたら、友達同士で誰が好きかといったような話をするとおもいますが、こういったときは、恥ずかしがって、秘密にするより、カミングアウトしたほうが、良いことのほうが多いような気がします。

その友達が、まだ子供過ぎたら、からかってくるかもしれませんが、ちゃんとした友達なら、むしろ協力したりしてくれるでしょう。

いろんな情報が入ったり、チャンスも広がっていくと思います。

コンプレックスや悩み事も、カミングアウトしたほうが、もう隠さなくてすむので、それだけでも楽になりますし、また、ありのままの自分で生きられるので、カミングアウトしたほうが、人生にとって良い方向に向かうと思っています。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

宝の地図

もし、宝の地図を持っていたとしても、現在、自分がどこにいるのかわからないと、せっかくの宝の地図も役に立ちません。

まず自分のおかれている環境、能力、状況などを、徹底的に把握していないと、夢や、目標があっても、何からしていいのか、わからないかもしれません。

自分を知ること、現実を知ること、周りの人を知ることなどをしないと、せっかくの宝の地図も役に立たないかもしれないと思っています。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

嫌なこと

本来、優先順位として好きなことからをやるべきだと考えています。

しかし現実では、嫌なことでもやならければならないことがあります。

そいういったことがあるときは、まず、嫌な事を終わらせます。

そうしないと、嫌なことが、頭の中から離れず残ったまま、それを終わらせない限り、ずっと気が重いままです。

大切な時間を嫌な気持ちのまま過ごしてしまいます。

それは人生の大きな無駄遣い方だと思いますので、嫌なことは、さっさと終わらしてしまうべきだと考えています。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ジタバタ

ジタバタしたってしょうがない。ということを耳にすることがありますが、それは、やるべき事をやりつくして、結果を待っている状態ならいいと思います。

そうでないのなら、もっとジタバタすべきだと考えています。

別の方法でいろんな角度から挑戦したり、回数を多く繰り返したり、ジタバタのレベルを超えて、ドタバタしていたら、行き詰まりと思っていた現状をぶち壊せるかもしれないと思っています。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

限りあるもの

若くて健康なときは、一切、死について考えないかもしれません。

しかし、いつの日か必ず死ぬときが来ます。

ほうっておいてもいつの日か、必ず死ぬのだから、死ぬことは寿命にまかせて、それまでは、生きる。

ただ生きるのではなく、思いっきりやりたいことをやって生きようと思います。

怖がって何もしないのではなく、後悔のないように、思いっきり行動することを心がけています。
posted by ハピネス at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

スーパープレー

スポーツなどで、派手なビックプレーを目にすることがあると思います。

子供たちのなかにはそれをまねたりする人もいますが、スーパープレーっていうのは、基本、実力がかなりのハイレベルで備わってないとできないことです。

ハーレム・グローブトロッターズというバスケットチームがありましたが、スーパープレーのオンパレードで観客を楽しませていました。

しかし試合の勝率はほぼ100パーセントに近い勝率でした。こういった実力がないと、試合中に派手で人を魅了するプレーなんてできません。

派手さにだけ目をとらわれると、その裏にある基本、実力に気づかなかったりすることになりかねませんので、派手に見える人ほど相当な努力家や実力者であるので、こんなことまでやってるのかということをしている人が多いです。スーパープレーよりも普段の練習法などに注目するほうが、有益になることが多いと思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

一発屋

一発屋という表現は少しその人を見下した意味で使われることがあると思います。

しかしよく考えると、この世の中で1回でも輝いた人はどれくらいいるのでしょうか?

おそらくわずかな確立でしょう

私は一時期でも輝いた人を尊敬します。

たとえば音楽で一発屋と呼ばれる人は、当時は時代を代表する大ヒット曲を作ったということになります。

こういった曲は今では名曲と評されるものも多く、たまにテレビやラジオ、町に出かけたときなどにふと耳にすることがあると、その音楽のすばらしさへの感動だけでなく、その時代の自分に関する出来事、情熱、感情までひきだしてくれるので、思わぬエネルギーをくれて、心の充電をしてくれます。

音楽だけでなく、映画やテレビ、本などでも、思わぬエネルギーをくれて、心の充電をしてくれるものがありますので、たまには、こういった時代を代表するもので、心の充電をするのもいいものだと思いました。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

失敗と成功の確率

主に2対8の法則や1対9の法則とかきいたことがありますが、何かをして成功する人の割合はこういった統計らしいです。

またこれとは別に、ある一つの目標をかなえようとするときの成功を1とすると成功以外の失敗は1以上から多数という事になります。

コインの表裏を当てるなら2分の1の確立の失敗数になりますが、ある一つの目標の成功は1なのにたいして失敗はそれ以外ということは、成功するまでいかに失敗数を増やすかが成功する確率をあげていくことといえます。失敗をしながらもあきらめず続けられるというのが成功への道と思いました。

posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

多数決

多数決で決めることは、民主主義的判断とされています。

しかし、もしそれがたとえば、悪いことをするかどうかを、悪いグループの中で多数決をとったとしましょう。おぞれく満場一致で、悪いことをすることに決まるでしょう。

少数派の天才や成功者にのみわかり、大多数の他の人には理解できないことについて多数決をとったとしたら、少数派の天才や成功者のほうが多数決では負けるでしょう。

つまり多数決とは、どういった構成団体かによって変わるものであり、多数決とはその結果が正義とは限らないし、正しいとも限らないということです。

多数決こそ民主主義で、正しいものだと考えていると、周りの意見の多いほうばかりに、自分が流されてしまいます。

多数決を絶対視せず、自分の意見、判断を大切にすることも重要だと思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

ハッタリ

以前、カリスマ美容師の話で、まだ駆け出しの頃、ある人から、これができるかといわれたとき、やったことはないが、できます。といって挑戦してチャンスをつかんだといったような話を聞いたことがあります。

こういった話は他のビジネスでもよく聞きますが、これできる?といったような注文をされたとき、やったことがないからできません。というのではなくて、できますといってから、いろいろ試行錯誤しながらまずやってみる。1回で合格の返事をもらえなくても、どこが悪いのか聞いたりしながら、合格できるまでやる。そうやって成功した人の話は結構聞きます。

初めから実力がある人ならすでに結果を出しているでしょう。

実力のない人のほうが多いと思います。こういうときに成功するためのチャンスをつかむのに大切なのがハッタリだと思います。ハッタリというと嘘といったイメージですが、最後まであきらめずやり遂げたら、それはハッタリではなくなり、成功者になると思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

特別天然記念物

特別天然記念物とは、とくに世界的に又は国家的に価値が特に高いもののことをさしますが、絶滅危惧種など数が少ないものなどに当てはまることが多いです。

世の中ではオークションでも、数の少ないものが、プレミア価値がついて、貴重なものとして取り扱われやすいです。

じゃあ人類は67億人以上いるのだから価値は低いだろう、とは思いません。

このような知的生命体はおそらく他の星にもいないでしょう。
もしいつの日か恐竜のように絶滅するようなことがあったとしたら、おそらくもう人類のような知的生命体は誕生しないのではないでしょうか。

人間に生まれたことは本当にすごいことだと思います。このたった一度の奇跡の人生を思う存分楽しみたいと思います。




posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

マリーシア

サッカー用語の一つとしてマリーシアという言葉があります。

それはずるがしこいプレーということで、フェアプレーとはいえない行為です。

ただここではその善悪は論ぜず、ここでは覚えておいたほうが得するかもしれないことを書いておきます。

こういったイカサマをする人は、そのイカサマをしなければ、たいしたことのない人だと思わないことです。

まずこういった人は、その分野についていろんなことを熟知しています。だからフェアプレーでもかなりの実力者だと考えたほうがいいです。

その上でより勝利や成功を確実にしようとしている人で、技術だけでなく精神的にも甘さがない人です。

なにかそういったマリーシアやイカサマのようなことをされて負けたり失敗したりしたときは、イカサマされなかったら負けなかったと考えてしまっては、また同じような目にあいます。

もうそれで負けたり失敗しないように、対策を練ったり、さらに実力アップすることが大切だと思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

2つの楽しみ方

楽しみ方のひとつは、広く浅く楽しむ方法です。日々変わっていく流行や最新のものを楽しんでいくような方法です。

今の世の中にはたくさんの情報がありますし、いろんな場所、いろんな楽しみがあります。

ある人が言った事ですが人生は3回あっても足りない。と言うほどまだまだ知らないこと新しいことはいっぱいあるということです。

もう一つの楽しみ方は、一つのことにハマルということです。
どんな分野でもこういうハマルということをひとつ持つと、毎日が楽しくなります。知れば知るほど奥が深い、知れば知るほど楽しくなるといったものが見つかると、幸せな日々がおくれると思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

人生ゲーム

ゲームというと楽しいというイメージがあります。

テレビゲームのように夢中になる楽しさ、スポーツのゲームのように、真剣勝負の緊張感、興奮、感動する楽しさがあります。

ところが人生とはゲームと違いリセットできない、プロのスポーツのゲームのように大ケガや死に至るということもあります。

それでもやっぱりゲームは楽しいと思うので、人生をゲームのように楽しみたいと思います。

ゲームなら、思い通りにならないこと、難しければ難しいほど、はまって、攻略しようと、無我夢中になるのに、現実のことで、思い通りにならないこと、難しいことになると、いらついたり、あきらめたりする人を、結構見かけます。

それも、そういうゲームと考えればいいのに、楽しめばいいのにと思うことがあります。

一度しかない人生、いつ終わるかわからない人生だからこそ、思いっきり生きること、楽しむこと、幸せに生きることが、大切だと思っています。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

何かしらの夢、目標に向かって行動していると、壁につきあたることが何度もあります。

しかしその壁っていうのは、レベルアップ目前のサインだと思います。

その壁を乗り越えたら一つレベルが上がるチャンスだと思います。

ロールプレイングゲームにたとえると、その敵を倒したら、一つレベルが上がるという状態と一緒だと思います。

壁をあきらめるための言い訳にするのか、実力が上がってきて、さらにもう一つベルが上がる目前なんだととらえるのか、どのように考えるかで、人生のターニングポイントになると思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

大切なもの

普段、商品などはお店側が値段設定しています。オークションのような自分で値段をつけられるものにも、大体の相場による値段がその時点である程度決まってますので、あまり自分だけの価値観で値段をつけても、売れなかったり、落札できなかったりします。

大体世の中では、ある程度の値段、相場がその時々に決まっていますが、自分にとって大切なのものは、自分で価値を決められます。

何が自分にとって大切なのか、その価値はどれくらいのものなのかをあらためて考えてみると、新たに気づくことがあるかもしれません。

世の中の値段や価値でなく、自分にとって大切なもの、価値の高いものを優先的に大切にしていくことが大事だと思っています。

posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

第二ボタン

少しあこがれてる人がいて、思い出の品として、第二ボタンとかブレザーの場合ならネクタイとかをもらえれば十分と考えている人がいまいたら、参考の一つにでもなればと私なりに第二ボタン、ネクタイ等の獲得作戦を考えてみました。

まず卒業式に少し勇気を出して、もらえるようにお願いしようと考えている人は、その勇気、行動力はとても良いことだと思います。

しかし、私から言わせてもらうと、まだちょっと甘いです。

卒業式当日では、人気がある人になると、ファンクラブ的な集団に、ボタンを全部一瞬で取られます。

また、卒業式当日は、人が結構多いので、その人を見つけられず、見つけた時には、既に第二ボタンは取られていることもあるだろうし、見つけられないまま、その人が帰ってしまったということもあります。

そこで考えることは、事前取得です。もう今からお願いしましょう。
まだ、卒業式前だからあげられない、ぐらいの返答なら、新しいボタンを買ってきますので、交換してください。というようにお願いしてみて、それでもだめなら、卒業式のときなら、いただけますでしょうか?と聞いてみましょう。ぞれで予約が取れたなら、場所も決めておきましょう。できるだけ卒業式のスケジュールが終わってすぐ会える場所がベストです。学校によっていろんなパターンがあると思いますので、どこが早くその人に会えるのか調べておいたほうがいいでしょう。体育館の出口なのか、教室の出口なのか、靴入れのところなのか、他の人よりもはやく会える場所で、約束しておくことが大切です。

校門などでは、先に取られる可能性がありますので、ベストの場所ではないでしょう。

卒業式当日は、先に取られてしまうこともありますので、できるだけ事前取得をすることが第一です。それがだめなら予約という手段をとることをしましょう。

もっとだいぶ前から予約が入っていたり彼女がいるから、第二ボタンはあげられない等の返答なら、新しいボタンを買ってきますので、交換してください。というようにまずは、お願いしてみて、それでもだめなら、その他のもの、第一ボタンや第三ボタン、等をお願いしてみましょう。

事前取得はできなくて、事前予約をした場合、予約とは絶対的なものではないことだと知っておくことが大切です。

ファンクラブ的な集団に、先に奪われるように取られることも十分予想できます。

でもさすがに事前予約したのだから、もし第二ボタンをだれかにとられてしまっていても、いまある他のものなら、もらえる可能性が高いです。その人も罪悪感を感じていやすいので、お願いをきいてもらえやすい状況です。

第一ボタンや第三ボタン等でも十分なら、それをお願いしてみましょう。
既にボタンは全部取られてしまっているなら、学生服、ブレザー、名札、校章、学年章、組章、学生証、生徒手帳、上靴等残っているもので、お願いしてみましょう。

最悪何も残ってなければ、写真を一緒にとってもらう、握手をしてもらうなどのことも考えて準備しておきましょう。

また、思い出の品をもらうことを幸せに感じるだけじゃなく、その人に贈り物をもらってもらえることに幸せを感じる人もいるでしょう。
花とか文房具とかプレゼントすることも、いいかもしれません。

健闘を祈ります。


posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

機会的損失

機会的損失とは結果の損失ではなくて、チャンスの損失のことなんですけど、たとえば何もしなかった結果をゼロとすると、チャンスなのに何もしないことは
機会的損失が発生しているといえます。

チャンスで行動してその結果がゼロの場合は、機会的損失とは思いません。チャンスと思ったがチャンスではなかったとか、チャンスを手に入れる実力などがまだ足りなかったということだけで、今やれるベストのことをしているので、良い方向に向かっています。

チャンスをつかむには、まずチャンスだと気づく能力、そしてチャンスだと思ったら即行動できる準備ができてることが大切です。

常にアンテナを張って、監視体制に入っていて、チャンスに気付いたら即行動をすることの繰り返しが大切です。

つまりチャンスのときに、何もしなくて結果がゼロと、行動して結果がゼロの場合は違うということです。

チャンスのときに何もしなければ、絶対に何も得られませんが、行動していれば、得られることがあるからです。

人生チャンスの時は必ず行動することが大切で、そのチャンスに行動しなかったということは、機会的損失が大きいことなので、人生にとっては、損失、マイナスともいえるので、結果の損得だけに気をとらわれず、チャンスには必ず行動するという習慣づけがとても大切だと思います。

posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

ノーリスクハイリターン

私は仕事上失敗すると損失を被るという仕事をしていますが、リスクを覚悟しておかないと、リターンは得られないということを経験しながら生きています。

こういう経験をしていると、恋愛で告白して振られて傷ついたことなどのようなことは、ノーリスクハイリターンの部類に入ると思います。

うまくいけばハイリターン、失敗しても元の状態で今までと何も変わらない生活になるだけです。はっきり言ってノーリスクといえるでしょう。

恋愛以外でもこういったノーリスクハイリターンといえることならはっきりいってビッグチャンスです。どんどんチャレンジすべきだと思います。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

雑談の力

モテる人って、外見が良い、何かしらすごい条件(高学歴、一流会社、高収入、すごい才能の持ち主など)を持ってる人だけってイメージを以前は持ってたときがあったのですが、実際はそうでもないんですね。

私は、いろんな出会いをしているのですが、すごい外見や条件はよいのに、モテない人に会ったことが結構あるんですよ。

直接、異性の人にあの人はすごい外見とかいいのに、なんであの人のところにいかないのって聞いたのですが、確かに外見とかいいと思うけど、よく話してないからわからないって言うんです。

外見とか条件は良いものを持っていても、話をあまりしない人って、意外と、モテないんですよ。

モテる人って、外見や条件のよさではなく、別にすごい面白いことや自慢になる話とかすることでもなく、普通の雑談をして、自然体の人が、
出会った当初は、一番人気があるんですよ。

まだ出会ったばかりのときなどは、お互い何もわからない状態なので、
不安や緊張もあるときに、普通のことを普通に話す人に安心するんでしょうね。

そういったありきたりの雑談が、実はそのときでは、すごい効果があるんですよ。

そうやって、ありきたりな話などをしながら、時間を多く共有していって、だんだん仲良くなっていくのが、出会った頃には、良いペースだと思います。



posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

卒業シーズン

卒業シーズンになりましたね。

学生の人でこのプログを見ている人はいないかもしれませんが、もし見ている人で、好きな人がいるのに、まだ告白してない人はしておいたほうがいいですよ。

本当に卒業すると、嘘のように会えなくなりますから、会うのが当たり前だった生活が、当たり前じゃなくなりますから。

そう気づいたときにはもう遅いので、そういった後悔をしないように
想いは伝えといたほうがいいですよ。

もし振られたらすごいショックでしょうが、元の恋人のいない状態になるだけです。うまくいけば、すごい幸せです。

テレビドラマのように、偶然どこかで会って、なんてことないですよ。
同窓会や成人式で会ったときに、なんて考えもやめておいたほうがいいです。まずその頃には、相手には恋人がいます。

メールでもいいと思います。どうしても今は告白はできないというのなら、遊びに誘うなり、最低限メル友としてでもつながりを持たないと、本当に卒業したらあえなくなりますよ。

本当に好きになるってこと自体が、それほどないんですよ。本当に好きな人がいるってこと自体が、奇跡的なことなんですよ。

もしこのまま、何もせず、他の学校に入学や就職をしても、すぐに、他の人を好きになる事ができないと思います。告白して結果を出していないから、まだ好きな人への想いを引きずったまま、何もできない、中途半端な状態の生活をすることになるでしょう。

結局、告白して答えを出しておけば、うまくいけば幸せですし、もし振られたら縁がなかったということがわかったので、その真実を受け入れ、新しい生活で会った本当に縁がある人に会えるまで、つきあえるように行動することに集中できます。

本当に縁がある人としか付き合えないので、結局は答えを出さないといけないんです。

中途半端な状態になることだけは避けてください。人生の大切な時間や本当に縁がある人と付き合うチャンスが失われていきます。


posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

無言実行 有言実行

夢をかなえるのに、無言実行も有言実行もどちらも、とにかく行動しなきゃ始まらないことには変わりません。

人に相談しても反対されることなら、無言実行するのもいいと思いますし、反対されてやめるぐらいのことなら、その夢に対する想いがたいしたことなかったのだと思います。

また、人に相談しても反対されようが、先に周りの人に言うことで、自分を追い込み、行動の原動力にする有言実行もいいと思います。

どちらにしてもあきらめず行動あるのみです。
posted by ハピネス at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

剛柔一体

鉄は硬いほうがいいが硬いだけでは折れやすい。だから外は硬く中は柔らかく作るケースハードという製法で作られているそうです。

そうすることで硬くて折れないという強くて丈夫な鉄になるそうです。

人も同じで、強さだけでは折れやすいので、柔らかさも持った剛柔一体
でないと駄目なんだなと思いました。

順境には強いが逆境には弱い、逆境には強いが順境には弱い、どちらも駄目で、どんなときでも強くて丈夫な生き方ができるようにならなきゃと思いました。

過去に逆境を何度も経験し乗り越えてきた人は逆境には強いでしょう。
ところが意外と順境に強い人は少ないみたいです。

たとえば宝くじに当選した人が、後に破産、破局などかえって不幸になってしまった人の話は結構あります。

もし大きな順境がきてもそれを受け入れられる準備対策をしておかないとかえって不幸になるということかもしれません。

また幸せになっても不幸になったとき、そのギャップが大きいほどショックも大きく感じるので、幸せになるのが怖いと思っていると、自然と幸せにならないような行動をしてしまうので、結局不幸になってしまいます。

幸せをつかんで幸せを継続する努力が大切だと思います。人生順風満帆だけとは限りませんので、逆境にも強くなり、かつ順境にも強くならないと、幸せには、なれないのではないかと思います。
posted by ハピネス at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ウサギとカメ

プールへ泳ぎに行くことがあるのですが、私は50メートルをインターバルをはさみながら繰り返し泳ぎますが、私より年上の方で、ゆっくり泳ぎ続けているのですが、泳いだ総距離は私よりも多く泳いでいます。

マラソンの距離を100メートル走をダッシュでインターバルをはさみながら繰り返し走ったとすると約422回繰り返し走らないといけませんが、まず無理です。短距離の全力はインターバルをはさんでも限界があり、長距離を走るには長距離にあったペースで走らないと完走はできません。

短距離の繰り返しは、スピードはありますが、長距離には適さないです。

これを人生にたとえると、かなえたい夢や目標が、短期間では無理で、長期間かかるものなら、一気にかなえようと短距離走の繰り返しをするやり方ではかなわないことになります。徹夜やそれに近いことを繰り返していると体を壊してしまいます。
逆にあせらずにゆっくりでも継続したほうが夢や目標をかなえられると感じました。
posted by ハピネス at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

四季

梅の花が少し咲き始めました。もう少ししたら桜の花も咲き始めるでしょう。

桜は日本を代表する花ですが、今でも咲いているサザンカの花も見事なものです。

冬に咲く花のサザンカの艶やかさには思わず見とれてしまいます。

夏に力強く咲くひまわり、秋に可憐に咲くコスモスなど四季には四季の花があります。

これを人生にたとえると、春は青春といいますが、以前ある記事で見たのですが、夏は烈夏、秋は錦秋、冬は悟冬というらしいです。これは造語かもしれませんが、人生にはそれぞれの時期の楽しみ方があると思いました。
posted by ハピネス at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

動物の不思議

いつもは素気ない素振りしている近所の犬が、こちらに悲しいときが
あると、しっぽを振って寄ってくるんです。

えっなんでわかるの?なんで励ましてくれるのって思うけど
本当にそういう時は癒されます。感動です。

普段はあまり触らせてもくれないのに、体を寄せてじっとそばを離れないんです。

ありがとうねって頭をなでると悲しい気持ちが消えていき安らかな気持ちになるんですよね

猫や鳥もそういったことがあるので、動物って人間の感情を感じる能力
や癒す能力があるんでしょうね。

感謝感謝です。
























posted by ハピネス at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。